人事担当者の目を引く英語の履歴書を作る方法

読みやすい英語の履歴書の特徴

グローバル化に伴い外資系企業に転職を希望する人は年々増加していますが、採用試験で人事担当者に良い印象を与えるために、読みやすい英語の履歴書を作成することが効果的です。

中でも、志望動機やこれまでに経験した仕事の内容について、簡潔で分かりやすい英語で表現することで、ライバルに差をつけることもできます。

英語の履歴書の仕上がりについては、書類選考の合否を左右することがあるため、常に語学力の向上を目指すことはもちろん、ネイティブスピーカーに添削をしてもらうこともおすすめです。

また、英語の履歴書の記載事項は、外資系企業の経営方針や事業内容などにより、随時書き換えることによって、採用試験を有利に進めることが可能です。

英語の職務経歴書を書く時のコツ

外資系企業においては、中途採用の試験の際に求職者から英語の職務経歴書の提出を求められるケースが多くあります。

特に、専門性が要求される職種で働くためには、前職で得た経験や取得した資格などの詳細を職務経歴書を使ってアピールすることが重要です。

例えば外資系企業の事務職や営業職は、仕事上で海外の企業の担当者とコミュニケーションを取ったり、職場内の公用語として英語が採用されたりすることがあるため、採用試験に向けて高度な英語力を習得することがおすすめです。

なお、英語の職務経歴書の文章の書き方をマスターするうえで、独学では対処しにくい部分があるため、転職活動を通じて英会話学校に通うことや、通信教材を利用することが効果的です。

面接を英語で行う為の心構えとして、恥ずかしがらずに堂々とすることが大事です。文化が違うので謙遜の態度は、面白みのない人ととられる事もあるので、いかに上手に自己アピールできるかが成功のコツといえます。