普通免許だけでは駄目?ドライバーの仕事をするために必要な上位免許

二種免許はタクシードライバーに必須

タクシードライバーは、人命を運ぶ仕事です。そのため、普通の自動車免許を持っているだけでは仕事ができないことになっています。タクシードライバーになるためには、さらにもう一つ上のレベルにある二種免許というものを取得しなければいけません。この二種免許の取得は、普通免許取得後すぐにできるものではありません。普通免許を持った状態で三年以上のドライビング経験を積まなければいけないと規定されているからです。難易度自体は高くありませんが、前提条件を満たすのにどうしても時間がかかります。

大型トラックドライバーになるための資格

大型トラックを運転するためには、大型免許が必要になります。こちらも普通免許を取得してから、三年の経験がないと試験を受けることすらできないので要注意です。大型車の運転は、乗用車のそれとは大きく違っています。同じ車と言っても、気をつけるべき部分などが大きく変わるので難易度は高いです。しかし、この資格を持っていれば大型トラックの運転手になることができます。競争率も低く狙い目の職業なので、費用は二十万ほどかかってしまいますが取得が推奨されています。女性でもこの免許を取得する人がいるので、女性でも挑戦をするのは悪くありません。

難易度の高い免許があれば仕事は探し放題

ドライバー業界は、慢性的な人手不足にあえいでいます。難易度の高い免許を持っていれば、求人は探し放題になることでしょう。常にどこかしらからドライバー求人は出されていますし、どこでも仕事の内容は変わることがありません。とにかく運転をしていればお給料が入ってくるので、難しいことを考えたくない人にはオススメです。

ドライバーの求人とは車の運転手の求人です。車の運転手と一括りで言ってもいろいろな種類の車があります。