企業が求めている人材がわからない!?表現から想像する企業が欲しい人材

求人に記載できない条件もある

企業が中途採用のために求人を掲載します。欲しい職種について詳細に記載したり、必要な資格や経験等を記載することは許されていますが、欲しい人材について限定することは制限があります。雇用機会均等法によって男女の別だったり、年齢を記載することは一定の条件の場合を除いて禁止されています。これは求人に対して広く多くの人が応募できるような配慮とも言えますが、それにより応募の段階でアンマッチを起こして、応募数が増加することにより企業側の事務処理が多くなったり、企業が本当に欲しい人材の条件に合っていない応募者も余計な時間や切手代が必要になったりしています。そのため最近の求人では年齢等は明記しないものの、読んで取れとわかるような記載をしているのが多くなっています。

企業が欲しい人材を読み取ること

例えば、30代の女性が活躍中、という企業の雰囲気を感じさせるような表現があるだけで、この企業が30代の女性を求めているのではないかという予想がつきます。この表現を見ただけで、男性が応募する機会は減るのが予想されます。それにより企業側も応募者数を限定できて事務処理作業も過剰になることを避けることができます。また20~30代が頑張っています、という表現が記載されていると、40~50代の人が応募するのを躊躇することが多いです。男女の別は特段ないですが年齢層として20~30代の人材を企業が求めていることが想像されます。このように企業側も応募時点でのアンマッチを避けるために合法的に記載方法を工夫しているのをよく目にします。

施工管理の求人は、多種多様なサイトがあり、給料や求人率など何に重きを置くかによって自分の特性に合った仕事を探すことが出来ます。