働き方にも自由が出てきた?医師資格を持ってバイトする人が増加中

医師資格を持ってアルバイトをするケースが増えてきた

日本全体で、非正規雇用の割合が増えてきています。仕事よりもプライベートを優先したいと考える人が増えてきたせいかもしれません。正規雇用はハードで時間の都合も付けにくいので、最低限必要だと思うお金を稼げるなら、非正規雇用でも問題ないと考える人が多くなってきたのです。一般の会社でも非正規雇用が多くなってきていますが、これは医療業界、特に医師の世界でも同じことが言えますね。医師資格を持って、正式に病院に所属せずにアルバイト待遇で働き続けている人がいるのです。

アルバイト医師はどんな仕事をしているのか

病院勤務の医師は、患者を担当して手術をしたりすることが多いですが、アルバイト医師はヘルプに回るケースが多いですね。夜勤のヘルプの仕事が特に多く見受けられます。一日だけ夜勤をしてくれれば、日給を十万近く払うという病院があるわけです。そうした病院から出される細かい案件を受けて生計を立てています。また、出張での健康診断をすることも多くなっていますね。会社に出向いて社員の健康診断をするのですが、こうした仕事は忙しく働く病院勤務の医師にはやりにくいです。フリーで時間的な余裕がある医師にしかできないことが多いですから、この仕事も割とメジャーなものとなります。

アルバイトならではのメリット

医師資格を持ってアルバイトをすることには、いくつかのメリットがあります。まず一番大きいのは、責任が重くなりにくいという点でしょう。仕事は一回きりのケースが多く、重い責任とは基本的には無縁でいられます。精神的にも楽ができる点が素晴らしいですね。働いていて、精神が摩耗することもなくなるので、健康的な生活を送っていけます。

医師のバイトの種類は多種多様です。健康診断の場や、夜の病床管理や、インフルエンザワクチンの接種など、さまざまなものがあります。