グローバルに働こう!外資系の会社でキャリアアップ

外資系の会社で働く際に確認しておきたいこと

外資系の会社では、実力主義に基づく人事システムが採用されているところが多く、仕事に対する意欲の高い人や、能力に自信のある人にとって理想的な環境が整っています。また、性別や年齢などにより、出世のスピードが左右されない会社も多くあり、同じ会社で長く勤めたい人にもおすすめです。最近では、優秀な人材を確保するために、中途採用者の受け入れを積極的に行う会社も増えていますが、特定の職種に関する専門性だけでなく、英語をはじめとする語学力が厳しくチェックされることがあります。そこで、働きがいのある職場を選ぶために、なるべく多くの外資系会社の採用説明会に参加をして、それぞれの会社が求めている人物像について把握をすると良いでしょう。

外資系の会社で必要となる英語のスキル

日本国内にある外資系の会社のオフィスでは、管理職以外のほとんどの従業員が日本人のところも少なくありません。しかし、営業職や事務職として働く場合には、日々の業務を通じて海外の支社のスタッフと電話やメールでコミュニケーションを取る機会も多いため、ビジネスレベルの英語力が必要となることがあります。大手の外資系の会社では、将来性のある社員を対象として、海外転勤を命じることがあるため、海外でキャリアアップを目指したい人にとって大きなメリットがあります。また、海外転勤を目指したい場合には、業務の中で結果を残すのはもちろんのこと、英語に関する検定試験などで好成績を上げることで、人事担当者にアピールをすることも効果的です。

今の仕事から転職しようと考えたことがあるかもしれません。外資系の転職先を探すなら、転職サイトや転職エージェントを通して紹介して貰えることもあるので、念入りに求人のチェックをしていく必要があります。